前橋市たちばな堂スタッフブログ

産後の手首の痛み(腱鞘炎 ド・ケルバン病)

2018年03月8日

こんにちは、院長の古井戸です。

 

まだ温度が上がらない日もありますが、陽射しはスッカリ春めいてきましたね。

 

ですが、群馬の春は冷え込む日もあったり、風の強い日も多いので体調管理が大変です^^;

 

さて、当院には産後のママさんが多く来院します。

 

その多くが骨盤の歪みを気にしていらっしゃいますが、手首の痛みを訴える方も増えています。

 

 

そんな産後のママさんに多い手首の痛みですが、整形外科など医療機関を受診すると「腱鞘炎」とか「ド・ケルバン病」などと診断されることが多いです。

 

一般的には手首の関節のレントゲンを撮って「骨には異常ないですね、湿布薬と飲み薬を出しておくので様子をみましょう。」「あまりにも痛みが続くようなら注射をしましょう。」と言われることが多いようです。

 

実は長年にわたって産後の手首の痛みの方を診ていると、いくつかの共通点が存在することがわかってきました。

 

1.マジメで一生懸命過ぎ

2.力を抜くのがヘタ

3.使い方が悪い

4.手首の動きに関しての長年の思い込み違い

 

何だか文章だけを見ると、キツイ表現に感じるかも知れませんがこれらが一致する共通点として挙げられます。

 

不思議と2人目、3人目の子育てのママさんは手首の痛みを訴える人がグンと少なくなるようです。

 

理由は先ほど挙げた1~3番が上手く対処出来るようになるからかなと思います。

 

育児も慣れてくると手の使い方も自然と上手くなってくるようですし、2人目、3人目とお子さんが増えると、1人に付きっきりになれないので、泣いたりグズったりしても直ぐに抱っこということが少なくなるからだと予想できます。

 

ですから、今ある手首の痛みは永遠に続くわけではありません。

 

でも良くなるにはいくつかのポイントがあります。

 

そのポイントとは…

 

・手の使い方に関しての脳の勘違いの補正

・自宅で簡単に出来るセルフケア

・正しい手の力の入れ方(強すぎても弱すぎてもダメ)

 

これらを押さえれば、症状は改善していきます。

 

院内での治療はたかだか何十分かです。

 

普段の生活の方が圧倒的に長いので、普段から自分自身で出来るホームケアが大切になります。

 

ただそれも難しくて簡単に出来ないものや、時間が何分もかかるようなものだと、とてもじゃないけど続きません。

 

なので私の所では出来るだけ噛み砕いて、簡単に出来ることで且つ効果性の高い物をお伝えしています。

 

気になる方は遠慮なくご相談ください。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たちばな堂 3月の休診日

2018年02月28日

おはようございます、院長の古井戸です。

 

明日からはもう3月です。3月は別れと旅立ちの季節ですね。

 

では3月の休診日をお知らせします。

 


[3月の休診日]

4日(

11日(

17日(土)※休診

18日(

21日(

25日(

 


以上となります。何卒よろしくお願いいたします。。

「産後にしっかり骨盤締めなかったせいですかね?」

2018年02月9日

「産後に骨盤をシッカリ締めないと体型が崩れる」
「産後に骨盤ベルトを巻かなかったから腰痛が良くならない」
「産後の骨盤矯正をしなかったからポッコリお腹が治らない」

 

よく聞きませんか?

 

でもこれらって本当なんでしょうか?

 

もしも本当だとしたら、当てはまらない沢山の人たちのことはどう説明すれば良いのでしょうか?

 

・特に骨盤締めてないけど体型は崩れなかった
・産後のベルトをしなかったけど何も問題はない
・骨盤矯正をしなかったけどお腹周りは気にならない

 

どうですか?このような方は沢山いらっしゃいますね?

 

ということは必ずしも原因になっていないと考えられます。

 

妊娠後期から御産時には様々なストレスがかかっていることは確かです。

 

でも安心してください!

 

産後の症状のほとんどが骨盤の歪みから来るなんてことはありませんので。

 

「骨盤矯正を○カ月以内にやらないと、あなたの身体は戻りません!」という話は鵜呑みにしなくて良いですよ。

 

そもそも産後の骨盤は3か月ほどで自然と戻るといわれています。

 

それよりも当院で重要視しているのは、身体がちゃんと機能出来る状態であること。

 

ちゃんと機能出来る状態とは「脳」がちゃんと機能していて、身体の中の60%の水分がちゃんと循環していて「内蔵」が元気で「心」も安定している。

 

そして全身の各関節もちゃんとスムーズに動ける状態。

 

産後のあなたの身体も、こんな状態にすることを心掛けて施術をしています。

 

あまり意味がないので、骨盤だけをグイグイ締めるような施術はやっていません。

 

それに骨盤のゆるみ・開きよりも大事な開いている箇所もありますし…

 

ちゃんと身体が機能出来る状態に正してあげれば、自然と本来の姿に戻っていきますので大丈夫です。

 

参考にしてくださいね~

たちばな堂2月の休診日のお知らせ

2018年01月31日

おはようございます、院長の古井戸です。

明日からはもう2月です。1月はあっという間過ぎてビックリですね。

2月の休診日をお知らせします。


[2月の休診日]

4日(

11日(

12日(

17日(土)※午後休診

18日(

25日(


以上となります。何卒よろしくお願いいたします。。

インフルエンザが猛威をふるってます。

2018年01月26日

こんにちわ、たちばな堂院長の古井戸です。

 

昨日は今年の冬の寒さを更新しましたね。

 

ここまで寒いのは、あまり記憶に無いぐらいです。

 

さて、寒くなるとグーンと増えるのがインフルエンザですね。

 

近隣の小・中学校などでも学級閉鎖や学年閉鎖が出ているようです。

 

しかし、インフルエンザをただ恐れていてもしょうがないので、ちょっと知識の整理をしましょう。

 

まず「インフルエンザは感染しれば必ず発症するのか?」というとそんなことはありません。


インフルエンザに感染しても発症しなければ良いわけです。

 

ではどうすればいいのか?そのヒントを紹介します。

 

一つの意見としてお読みください。

 

近くに感染者が居てもうつる確率は10%程度だそうです。

 

意外と低いものです。どうですか?何となく気持ちがラクになりますね。

 

インフルエンザに対抗する一番大事なコト、それは「自分の免疫力(生命力)を上げておくこと」です。

 

では具体的にはどうすれば良いかを考えましょう。

 

  1. 睡眠を十分に取る
  2. 水分を十分に取る
  3. バランスの取れた食事
  4. 部屋を暖める
  5. 加湿する

 

これらが重要です。

 

まず睡眠ですが、睡眠中に身体を回復させることはご存知かと思いますが、ウイルスとの戦いにおいても同様です。

 

しっかり睡眠時間を確保しましょう。(夜12時を過ぎる前に就寝)

 

 

体内の水分が不足すると、のどや鼻の粘膜が乾燥すると、粘液の粘り気が増し、普段はウイルスの侵入を防いでいる線毛の働きが悪くなり、侵入を許してしまいます。

 

水分はこまめに取るようにしましょう。

 

食事は身体を守ってくれるものを食べると良いでしょう。

 

乳酸菌を摂って、腸内環境を整えることで免疫力UPになります。

 

ビタミンDを摂ることがインフルエンザの予防に役立つことも確認されています。

 

ビタミンDは魚類や豆に多く含まれます。

 

4、5に関しては室温20℃前後、湿度50~60%が良いとされています。

 

以上、インフルエンザを発症させないためにも参考にしてください。

 

いかがでしょうか?


本日も最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 11

お問い合わせはこちら

たちばな堂電話番号027-215-5110たちばな堂メール予約
電話 メール
TOPへ戻る