前橋市たちばな堂スタッフブログ

前橋たちばな堂 5月の休診日のお知らせ

2018年04月30日

おはようございます、たちばな堂院長の古井戸です。

 

明日から5月です。GWの前半はいかがお過ごしでしょうか?

 

ということで5月の診療スケジュールをお知らせします。

 

[5月の休診日]

 

1日(火)※午後休診となります

4日(

6日(

13日(

17日(木)~23日(水)※海外研修のため休診

26日(土)※午後休診となります

27日(


以上となります。何卒よろしくお願いいたします。

 

5月は変則的な診療スケジュールになりますので、よろしくお願いいたします。

逆子治ってました♪

2018年04月26日

こんにちわ、院長の古井戸です。

 

昨日は、年に1度のプロ野球の公式戦、巨人‐中日戦が行われました。

 

そのせいで当院の周辺道路もいつもより混雑していました。

 

結果は巨人が63年振りの20得点という歴史的な試合になりました。

 

観戦した方にとっては、記憶にも記録にも残る試合になりましたね。

 

さて、話はかわりまして、先日、マタニティ整体で通っている患者さんから嬉しい報告がありましたので、紹介します。

それは「逆子」が治ってました♪という報告です。

 

29週の検診で逆子が分かり「まだ動くから大丈夫ですよ」と言われていたものの、やっぱり心配されてましたが、その後は「治ってる」→「また逆子になってる」を経過して、今回の検診ではまた治っていたそうです。

 

施術の細かい内容は省きますが、取りあえずは逆子が治って良かったです♪

 

現在32週で、お腹の中の赤ちゃんは約1800gになっているそうです。

 

今後は里帰り出産をされるそうで、今回の施術が最後かもしれませんが、身体のほうはくれぐれも大事にしてもらいたいです。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

たちばな堂GWの診療日程

2018年04月18日

おはようございます、たちばな堂院長の古井戸です。

 

4月もアッという間に半分が過ぎました。

 

ちょっと遅くなりましたがGWの診療スケジュールをお知らせします。

 

[たちばな堂GWの診療スケジュール]

 

 

29日(※休診となります

30日(※休診となります

 1日(火)※通常診療

 2日(水)※通常診療

 3日(18時まで診療

 4日(※休診となります

 5日(18時まで診療

 6日(※休診となります


以上となります。何卒よろしくお願いいたします。

 

今年のGWは変則的診療となりますのでご注意ください。

 

3日、5日は診療となりますので、いつも時間が合わなくて諦めていた方も来院をご検討いただけると幸いです。

 

たちばな堂 4月の診療スケジュール

2018年04月1日

おはようございます、たちばな堂院長の古井戸です。

 

今日から4月です。新年度の始まりですね。

 

ということで4月の診療スケジュールをお知らせします。

 

[4月の休診日]

1日(

6日(金)※午後休診となります

8日(

15日(

22日(

24日(金)※休診となります

29日(

30日(


以上となります。何卒よろしくお願いいたします。

 

例年4月は環境の変化によって通常よりも疲労が取れにくい方が多いです。

 

休息を上手に取ってGWまでを乗り切りましょう!

ぎっくり腰はクセになるの?

2018年03月14日

こんにちは、前橋の整体、たちばな堂の古井戸です。

 

今回はいわゆる「ぎっくり腰」について。

 

いきなり起こる腰痛のことを「ぎっくり腰」と言います。

 

ぎっくり腰とは急性腰痛症の俗称で、欧米ではその痛みの激しさから「魔女の一撃」なんて呼ばれるほどです。

 

細かく分けると、急性腰痛も筋筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、仙腸関節性腰痛、棘上・棘間靭帯損傷(スプランブルバッグ)などに分けられますが、ここでは詳しい説明は省きます。

 

ぎっくり腰の話題になった時に周りの人で「ぎっくり腰はクセになるからね…」とか「私も○○年前にぎっくり腰になってから腰痛を繰り返していて…」などと言ってる人って居ませんか?

 

でも、これも根拠って何なんでしょうね?

 

ぎっくり腰の時に整形外科や整骨院、鍼灸治療などをして、一時的にラクになっても自分自身の免疫力が上がらないままだと症状を繰り返します。

 

腰痛は、腎臓の機能低下によって腎臓と関連する筋肉が持続的に緊張・収縮することが関係します。

 

腎臓が機能低下を起こしてる間は、筋緊張が持続しているので症状はなかなか取れません。

 

ご自身の免疫力が上がって、脳疲労や全身の循環、腎臓の機能低下や炎症が良くなれば自ずと腰の具合も良くなってきます。

 

と言っても、いくら腎臓の機能を上げるような調整をしても、痛い・ツライの症状の改善を感じられないのではいけません。

 

症状の程度によっては、同時進行で直接的に痛みに対する治療も併用します。

 

経験から視るとその方が治りが早いようです。

 

当院では「ぎっくり腰はクセになるのか?」をこのように考えています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。


1 2 3 4 5 6 7 11

お問い合わせはこちら

たちばな堂電話番号027-215-5110たちばな堂メール予約
電話 メール
TOPへ戻る