前橋市たちばな堂スタッフブログ

そもそも腎臓の働きって知ってます?

2017年03月15日

 

こんにちは、たちばな堂院長の古井戸です。

 

当院では施術中に内臓の疲れを指摘することも多々あります。

 

そもそも、その臓器ってどんな働きをしているの?という方も多いでしょう。

 

そこで今回は腎臓の解説をしたいと思います。

body_jinzou

腎臓は腰の上あたりに左右1つずつある、ソラ豆のような形をした臓器です。大きさは約150g前後。

 

心臓から送り出された血液のうちの約1ℓの血液が腎臓に毎分流れ込んでいます。

 

その血液からろ過機能により老廃物を取り除いて、体内に戻します。

 

因みに腎臓が一日にろ過する血液量は、大きなドラム缶1本分=約150ℓといわれています。

 

これを原尿といって、ここからさらに尿細管で再吸収されて、1.5ℓくらいが尿として排出されます。

 

では、腎臓はどんな働きをしているのかというと…

 

 ・血液から老廃物や塩分を尿として体外に出す

 ・体内の環境を一定のバランスに保つ(イオンバランスを保つ)

 ・塩分と水分をコントロールして血圧を調整する

 ・血液を作る働きを助ける

 

主にこんな働きがあります。

 

何らかの原因で腎臓の機能が低下すると、これらの正常な働きが上手くいかなくなります。

 

そうすると例えば…

 

 ・尿の異常(量が少ない、多い、血尿、蛋白尿など)

 ・むくみ

 ・血圧の異常

 

などの症状が現れます。

 

では、このような状態にならないためには、どうすれば良いか?

 

それは「食習慣の改善」と「生活習慣の改善」に尽きるといえます。

 

食生活は和食中心の食事、生活習慣の方は早寝早起き、適度な運動。

 

さらにリラックス時間を作ってストレスを溜め込まないことが大切です。

 

どうか参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら

たちばな堂電話番号027-215-5110たちばな堂メール予約
TOPへ戻る